ペニス増大サプリで巨根の効果があった本当の方法

ペニス増大サプリは成分で決まる!効果に重要な配合必須ランキング

ペニス増大サプリの本当

ペニス増大に本当に必要な成分とは何か、増大サプリにおいて成分ががいかに重要なのかについて、7年以上の検証体験や交流情報を元にまとめました。特に配合されてるべき成分はランキングにしています。

ペニス増大サプリの成分について

ペニス増大サプリの成分
ペニス増大サプリにおいて「成分」は、効果に直結するので購入前に絶対に確認すべきです。
サプリに複雑なペニス増大構造があるにしろ、最終的に効果を発揮するのは「成分の力」だからです。

成分同士の混ざって引き起こす相乗作用力が効果の高低を決める

まずペニス増大とサプリの関係を語る上で知っておかなければならないことは、成分そのものが重要ではなく、成分同士が体内で組み合わさる事で引き起こす相乗作用が=ペニス増大の力になるということです。
でなければ、成分数に明らかに差があるマカやクラチャイダム、ニンニク、シトルリンなどにこだわった成分10種前後の「精力(勃起)サプリ・健康サプリ」と何が違うのかってことになります。だから成分数は「ペニス増大サプリ」と呼ばれる1つの指標でもあるわけです。

ペニス増大の源である「相乗作用力」は、組合せもあるでしょうが、成分数が多い程高くなります。
ただし、多すぎると当然1つの成分が少なくなるので、タイプが2~3タイプで60種~100種くらいが最強です。

これはタイプが増えれば、量を減らさずに済み、成分が50種以上であればペニス増大に必須と言われる「種類」を十分に満たすことができるからです。
(必須の種類は下で説明します)
ペニス増大の「成分数」についてはマニアの間でも様々な議論がされています。
最も有能とされる成分100種系は、相乗作用が高い事の他に、「効果の種類も豊富」なのが売りです。
ただほとんど健康効果に関してだから、増大や勃起にっとってはさほどプラスではありません。

そういった意味で本当に必要な成分の量を増やした60種系が1番との検証結果もあります。
最新のグライバルは60種系ではありますが、増大構造が特殊なこともあり、100種系同等、それ以上に相乗作用力を高くしているとも言われており、この部分は発売時期による質や技術の差が影響してます。

必須の成分種類

ペニス増大に必須の成分種類
ペニス増大を成すには成分数だけでなく、「成分の種類」で決まります。
これも精力・健康サプリとは違い、ペニス増大サプリは基本的に「アミノ酸、動物成分、植物精力成分、植物健康成分、ビタミン、ミネラル」で構成されています。これはペニス増大サプリの定義とも言えます。
先ほど言ったように成分数が50種以上であれば、これら必須の成分種類を十分に満たしています。
ペニス増大サプリの種類の構成を説明すると、

  • アミノ酸:増大体質を構築する言わば土台・基礎
  • 動物系成分:精力・増大力
  • 植物精力成分:精力・増大力(効力は動物系に劣る)
  • 植物健康成分:神経や消化器官など体内の健康部分に作用
  • ビタミン、ミネラル:毎日サプリを飲み続けていく為の健康、状態維持

となっています。

動物系の成分は絶対必須だが結局どれも必須

ペニス増大に動物系の成分は絶対必須だが結局どれも必須
精力や増大、勃起に効果的な成分種類の順位は
アミノ酸<植物系<動物系
となります。健康力や安全性はこの逆になります。

有名なシトルリンやアルギニン、マカ、クラチャイダムなどは量を増やそうとも精力・増大力的には大したことありません。
それくらい動物系と植物系の間には差があります
ただ動物系成分ばかりでも効率は良くないので、マカなどの植物系精力成分を混ぜる事で、強い動物系を緩和するのと、安全度を増して、精力・増大力を高められます。
商品にこれらが入ったものは数多くありますが、それは

  • 知名度があり売れるから。
  • 効力ではなく安全性が高い(年配の人にも安心して売れる)
  • 低コストで作れる

などの理由があるからです。
健康や勃起を目的としたサプリならまだいいですが、ペニス増大サプリにおいてはシトルリンなどを推していれば、他に推すことがないということでマイナス要素となります。

成分が全てではない

増大サプリの成分は選ぶ際の最重要の判断基準ですが、それだけではダメです。
成分以外に精力や健康サプリと差別化されてる部分は「タイプ(錠剤やカプセルの種類が複数)、増大構造をもっている、値段」です。
そしてもう1つペニス増大サプリが進化してきた部分は「成分の質、配合技術、製法」も間違いなく技術的に進化してきました。
なので、「発売時期(新しさ)」も重要な項目です。

ペニス増大に必須の成分ランキング

ペニス増大に必須の成分ランキング
ではペニス増大サプリに何が入っているべきなのか、外せない成分をこれまでの自身の体験や交流情報を元にランキングにしました。
数多くの種類、成分が配合されたサプリを長年飲み続けてきたからこそ、実際に何が効いてるかわかります。

馬や豚の睾丸【第1位】

馬や豚の睾丸
上位を見るとほぼ動物系になってますが、動物系は精力・増大力を上げる最大の成分です。
その動物の中でもやはり哺乳類は強力です!

トナカイ角、クジラエキス【第2位】

トナカイ角、クジラエキス
哺乳類が最強と言った通り、1位と同等、精力・増大力は高いです。

蛇系(コブラやマムシ、ハブ、蛇胆など)【第3位】

蛇系
哺乳類に次いで強力的な精力・増大力をもっています。

タツノオトシゴ【第4位】

タツノオトシゴ
高スペックと呼ばれるサプリには必ず使用される万能な精力・増大力アップ成分。

冬虫夏草【第5位】

冬虫夏草
健康と精力、生きる活力を養う万能、高級な必須成分。

ムイラプアマ【第6位】

ムイラプアマ
植物系の中では精力が高いだけでなく、快感アップ効果もある。

食用動物(ウナギ、すっぽん、蜂の子など)【第7位】

食用動物
効果力は高くないものの、動物系なので上位からは外せない。
安全性が高い動物系とも言い換えられる。

トンカットアリ【第8位】

トンカットアリ
植物精力成分の中では特に精力特化している。

ボロホ、ソフォン【第9位】

ボロホ、ソフォン
安全に精力を高める為に必要な成分。

シトルリン【第10位】

シトルリン
増大体質を構築する精力要素を持ったアミノ酸。シトルリン自体に高い実感はない
必要最低限といったレベル。

ミネラル系(牡蠣や亜鉛、ビール酵母など)【第11位】

ミネラル系
精子量を増やすなど精力に働きつつ、サプリが効きやすい体質を維持する。

ビタミン類【第12位】

ビタミン
(ビタミンCやビタミンB群、ビタミンEなど5種以上はほしい。)
毎日サプリを飲んでく上での健康維持。以外に重要です!

マカ、ガラナ、カツアバ【第13位】


精力自体は弱いが安全性は高く、他の精力成分ともなじみやすい。

ガルニシア、ニームリーフ、ワイルドヤム【第14位】

ガルニシア、ニームリーフ、ワイルドヤム
健康系の効果をもつ植物成分。効きやすい体質を創る上では必要。

精力以外のアミノ酸(デキストリン、ロイシン、イソロイシン、バリン、アスパラギンなど)【第15位】

それぞれ、神経や体内健康に作用するものだが、他の成分と混ざった時、効力を高める効果もある。
以上ですが、はっきり言ってどれも重要です。
成分60種系や100種系のサプリを選べば、上記の成分はほぼ入ってると考えていいです。ただその中にも、精力系が中心とか健康系が中心などがあり、効果に影響が出るので何がメインなのかはチェックすべきです。

海外産の増大サプリには危険成分が配合!厚生労働省も注意喚起

副作用が起こりやすいペニス増大サプリ
国産の増大サプリであれば厳しい検査機関のチェックがあるので安心なのですが、「海外産」には注意が必要です。

海外産は日本ではサプリへの使用が禁止されているヨヒンビンやシルデナフィルなどの劇薬指定、医薬品成分が使用されていたりするので、人体や健康被害の副作用の危険が極めて高いです。厚生労働省では日本での流通防止や使用を防ぐために、毎年複数の個人輸入代行サイトなどから実際に購入して

  • サプリメントと称するものに医薬品成分が含まれていないか
  • シルデナフィルなどの医薬品成分の量が多くないか

など調査しています。そして有効性及び安全性の確保等に関する法律に基づく承認がされていない製品に対し、HP上で注意喚起を行っているのです。
厚労省の言っていることを一言で言うと、「そもそも海外産の医薬品や精力剤(サプリ含む)と称されるものを個人輸入代行で購入するのは止めておきなさい、副作用がヤバい可能性がありますよ」ということです。

ペニス増大サプリをネットで検索してても、ヨヒンビンやハマビシ(トリビュラス)など日本で配合禁止の海外産が簡単に見つかる場合があります。それらの成分を知っていれば海外産、危険!と気づきますが、知らなかったらアウトですよね。簡単に見抜くには購入フォームなどに「海外から発送」となっていれば海外産です。

【参考】 【厚生労働省】強壮用健康食品への注意喚起(写真付)

コメント